忍者ブログ

診断書が出ない程度に社会に適応できない人へ

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心理学の勉強
 ツイッターにて商売としてではなく純粋に心理学を
興味あることを公言するアカウントをたまにみかけます。
ただひねくれ者 ^^; の僕として不思議に思うことがあります。
 
みなさんすごく純粋。その理由を仮定しエントリーのネタとして
展開してみました
 
 
自分は心理学の本を読むとき"人間"と考えるをやめて
"サル目ヒト科ヒト属"と考えます。
 
こうするとどう見えてくるか
 

 例えば生まれたての子猫がいる。近く母親猫がいる。
この母親猫は気が立ってるとする。これは当然ですよね。
母親の防衛本能です。
 
では視点をヒト属に移す。
 
つがい(カップル)が歩いてるときオスが気が立ちがちなのは
メスを取られまい守りたいという過剰な防衛本能からである。
と考えると非常に納得がゆきます。
 
例えば
・メスの必要以上にセックスアピールをするのは
 同じメスに嫌悪感をあたえること
 (太ももの写真アップしてみたり)
・オスの必要以上のモテアピールはオスに嫌悪感を
 あたえること
 
これは繁殖期に競争本能が刺激さえていると考えると
納得がゆきます。
 
また繁殖期における競争本能の別例。
男子校は共学よりいじめが少ないと言う話があります。
(正確なデータはしりません。そして正確なデータの
取りようがあるのかもわかりませんが。)
これもまさにメスにオスがアピールしようとしたため
群れ内でオス同士のマウンティング行動が盛んになった
と考えられます。
 
特に男性のいわゆる金太郎コンプレックスによる
競争心、嫉妬心、承認の欲求なども要は
ご先祖様の霊長類だったころのなごり
(上記の通りマウンティング関連の本能的感情)と考えられた。
 
そうかなーんだっとあなたの気持ちもフッと軽く
 
…ならないデスカ?…そうデスカ

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カウンター
フリーエリア
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/08 ブログ主]
[07/07 ブログ主]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  -- ずる賢く生きたい --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]