忍者ブログ

診断書が出ない程度に社会に適応できない人へ

   
カテゴリー「行動方法」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトル、 ブログ主の造語です。シンプルなメソッドです。
 
【部分否定】
相手の意見なりを否定するときは一部分肯定し表現を柔らかくします
話法として応用しパッケージしてるのがみなさんご存知
yes/butってやつです。

おっしゃるとおり確かに○○ですね。しかし[否定文]


 
その逆もあります
 
【部分肯定】
厭なやつにもいい所もあるってやつです。
 (おっとこのブログぽくないですね)
 
 
 
ではメインの部分否定の応用例を
 
相手の3回指示に従ったら1回断る(念のため:回数はあくまでも概数ですよ)
・いやな指示を従うかわりに一つ我を通す。
・相手を乏さずに相手を否定するには相手が好きな事(趣味趣向)を否定すればよい。
 相手を間接的に否定できます。嫌われたい時は使えます。
 
 また気づかずに使って嫌われてるかもしれません 反省。

拍手

PR
 新しい環境、職場、学校…すっごく不安ですよね。
一刻も早く慣れたい。
 
自分ならどんなことがわかるとその場所に
慣れたと思うのかチェックリストを作ってみました。
ものすごく当たり前の結果になったのですが、
逆に新しい環境でパニックになってもチェックリストを
埋めてしまえれば慣れたと思える!
とお守り的に使えるのではと思います。
早く実際に活用して評価してみたいです
 
以下参考にどうぞ!

拍手

・・・つづきはこちら

 「成長しないエンジニアの悪習慣」はやってますね。
でも真逆にみると仕事しながら仕事をサボるヒントがありました。
ちょっと暇なときどう会社で過ごすか…。
ちなみに自分の元会社はオワットル系の会社でした。
ただ弊社がオンリーワンかって言われると同様の
職場もあるのではないかと。
あ!今(^ω^#)ピキピキ!してる全うな会社にお勤めのあなた!
 
ではではサボリ方を一緒に考えまてゆきましょう!レッツ、小ずるい社蓄!

拍手

・・・つづきはこちら

 挨拶、ごめんなさいは心をこめて、
そう教えられた方も多いと思います。
でも「挨拶、謝罪はなるべく心をこめない」派になりました
 
 
なぜか?
 
 
昔、僕は謝罪が苦手でした。
なぜなら自分が何が悪いかよく検討しないと本当の意味で
心をこめられないと思っていたからです。
ひょっとしたら相手にも非が少しあるかもしれません。
 
そうこうするうちにどんどん時間が悪く作用してゆきます。
 
 
こんなことを言ってしまうとミモフタモないですが
謝るだけなら無料です。
しかし築いてきた人間関係はお金で換算できるものではない
ことは説明する必要はないでしょう。
 
相手が不満に思った。だから相手の気が済むよう
にしてやろう。どっちが悪いとか関係なし。無料だし。
ぶっちゃけポーズで十分。
 
と考えるようになりました。
 
謝るのが楽になるともっと積極的にお話できるようになった
ような気がします。勘違いさせたら、さっさと誤って、また
お話すればよいさ。
 
 
 
その応用例として挨拶があります。
 
僕は結構コンビニでも、スーパーでも、「どもー♪」
「ありがとうございます♪」
とか言うタイプです。もちろん心は全くこめてません。
ですが店員さんは無言客が多いのかわりと嬉しそうです。
 
 
 
挨拶ってそれで十分なんじゃないかと。

拍手

  
カウンター
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/08 ブログ主]
[07/07 ブログ主]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  -- ずる賢く生きたい --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]